女性の薄毛

髪の美しさで見た目は大きく変わります

「本格的な治療を始めるには、時間もお金もかかりすぎてしまうし・・・もう少し手軽にケアしていくことが出来ないかな」そんな風にお考えの方は、お薬を試してみませんか。

19歳以下の方は、いかなる場合も処方は不可となります。

主な薄毛の症状

極度なダイエット 老化 ストレス

びまん性脱毛症

女性の薄毛でもっとも多いタイプ。生え際が後退するのではなく、頭髪全体が少しずつ薄くなっていき、やがて一面に広がっていく脱毛症。男性のような「ハゲ頭」にはなりにくいですが、頭髪が薄くなることで老けた印象になってしまうことも。
原因は「ホルモンバランスの乱れ」「心身のストレス」「偏った食事」「無理なダイエット」「間違ったヘアケア」などが間接的な要因となる場合が多い。

女性ホルモンの低下

分娩後脱毛症

産後に抜け毛が発生する現象のことを指し、出産後の2~3カ月頃に脱毛の症状が現れることが特徴。
原因の多くは、出産前後のホルモンバランスによるもの。妊娠期は女性ホルモンが増加するので抜け毛が減少しますが、出産後は女性ホルモンの増加が止まり休止期に入るのでその分だけ抜け毛が多くなるためにおこる。
通常は、半年~1年で自然回復する場合が多いが、高齢出産や、心身のストレスが続いてホルモンが乱れていると回復が遅れることも。

ポニーテール脱毛

牽引性脱毛症

長期間、髪をきつく縛ることで頭皮の決まった部分に負荷がかかり、その部分だけ抜け毛に。分け目や強く引っ張る部分に起こり、ポニーテール脱毛と言われることも。

何故髪を引っ張ることが脱毛に繋がるかというと、髪を引っ張る状態が長時間続くと、頭皮の血行が悪化し、その結果頭皮に栄養が行き渡らず、栄養不足で髪の毛が細くなり抜け毛につながるため。

PAGE TOP

次回以降表示しない