女性の薄毛

コラム

産後の女性の薄毛の原因と対策

びまん性脱毛症やFAGAなど、女性特有の薄毛の症状はいくつかあります。そのひとつに、出産後に突然髪の毛が抜け落ちる分娩後脱毛症があります。どうしてこのような薄毛が起こるのでしょうか。今回は、女性特有の薄毛のひとつである、産後の薄毛の原因と対策についてご紹介します。

産後の女性の薄毛は分娩後脱毛症

出産後に起こる女性の薄毛は、分娩後脱毛症と呼ばれています。だいたい出産後2ヶ月~3ヶ月後に起こりやすいといわれています。分娩後脱毛症の原因は、出産後のホルモンバランスの乱れです。

妊娠中は女性ホルモンが増加しますが、出産後は女性ホルモンの増加がストップします。出産後の薄毛は、このような女性ホルモンの変化によって引き起こされます。また、育児によるストレスによって薄毛が進行している可能性もあります。

分娩後脱毛症は、半年~1年で次第に回復するといわれています。そのため、過度に心配する必要はありません。ただし、高齢出産の場合は症状が回復しないことがあります。ストレスがたまると回復がさらに遅れるため、しっかりと休息を取るようにしましょう。

分娩後脱毛症を対策するには

分娩後脱毛症は自然に回復するといわれていますが、薄毛部分が気になるようであれば、対策としてパントガールを用いることができます。パントガールは、ケラチンなどの髪の毛の主成分が配合されている女性の薄毛用の内服薬です。分娩後脱毛症だけでなく、びまん性脱毛症にも効果があります。副作用も確認されておらず、安全性の高い治療薬だといえます。他にも、女性ホルモンに作用する大豆イソフラボンのサプリメントを服用する方法もあります。(※1)

生活習慣を改善することも、分娩後脱毛症に高い効果があります。特に、ストレスは血流を悪化させて頭皮に栄養を届きにくくさせます。育児は夫婦で分担しながら行うなど、ストレスがたまりにくい方法を夫婦で考えるとよいかもしれません。また、ストレスをためこまないように、自分に合った方法でストレスを上手に発散させましょう。

また、食事にも注意しましょう。髪の毛を作る栄養素を毎日の食事でしっかりと摂ることが大切です。特に摂取してほしい栄養素は、タンパク質と亜鉛、ビタミンの3種です。タンパク質は髪の毛の主成分なので、積極的に摂りましょう。タンパク質は、豆腐などの大豆製品、サケやサンマなどの魚類、鶏肉のささみなどの肉類、卵に多くに含まれています。亜鉛は、体内でタンパク質(ケラチン)の合成をサポートする効果があります。牡蠣、いわし、ごま、わかめ、昆布などに多く含まれています。ビタミンには、さまざまな種類があります。野菜やフルーツなどに多く含まれているため、献立の中に加えるとよいでしょう。(※2)

まとめ

分娩後脱毛症は、出産後に突然起こる女性特有の薄毛です。妊娠中に増加していた女性ホルモンが、出産後に急に止まることで発現するといわれています。半年~1年後には自然に回復しますが、回復が遅い場合は女性用の内服薬を利用して様子を見てみましょう。また、ストレスの緩和や栄養の整った食生活など、生活習慣を整えることも分娩後脱毛症に効果があります。それでも薄毛が改善されない場合は、専門の医師に相談しましょう。

参考URL

※1 妊娠と美
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jspog/21/3/21_290/_pdf

※2 MSDコラム
http://www.aga-news.jp/secure/column/index.xhtml

PAGE TOP

次回以降表示しない