女性の薄毛

コラム

女性の薄毛治療はどこでできる?費用はどれくらい?

「髪の毛をセットしているのにふんわりしない」「頭頂部の薄さが気になって帽子が手放せなくなった」などの悩みを持つ人もいるかもしれません。それは、脱毛症による薄毛が原因の可能性があります。薄毛を効率よく改善するには、クリニックの薄毛治療がおすすめです。薄毛治療にはいくつか種類があり、それぞれで費用が異なります。そこで今回は、女性の脱毛症や薄毛治療、また治療ごとにかかる費用についてご紹介します。

女性の薄毛治療は医療機関で行われ、健康保険は適用されないことがほとんど

女性の薄毛治療は、病院の皮膚科や内科、クリニックの専門外来で行われます。一般的に、薄毛治療は健康の改善を目的とする治療ではなく、「自由診療」に分類されます。そのため、治療には健康保険が適用されず、全額自己負担になります。また、受診するクリニックごとに治療の値段は異なります。
薄毛の治療薬にかかる費用の目安は、ミノキシジル外用薬(60ml)で5,000円(税込)、パントガール(90カプセル)で7,800円(税込)、ルグゼバイブ(90錠)で8,000円(税込)程度となり、医療機関によって価格は異なります。

薄毛が気になる場合は専門外来へ

脱毛症にはさまざまな種類があります。中でも女性に多い脱毛症が、髪の毛が全体的に抜け落ちて薄くなる「びまん性脱毛症」です。ホルモンバランスの乱れやストレス、過度なダイエット、栄養不足などが原因となり発症するもので、年齢よりも老けて見られやすくなります。この他、産後のホルモンバランスの乱れによる「分娩後脱毛症」や過剰な皮脂分泌による「脂漏性脱毛症」、頭皮に負荷がかかることで引き起こされる「牽引性脱毛症」などがあります。

女性の薄毛治療は、クリニックの育毛外来で受けることができます。育毛外来では薄毛治療を専門的に行っているので、より高い治療効果が期待できます。また、治療だけでなく日常生活で気をつけるべきことを相談できるのもクリニックの特徴です。ただし、場合によっては内科や皮膚科が適していることもあります。何らかの病気が原因で脱毛症を併発している可能性があるため、体に異常を感じたら内科や皮膚科を受診し、医師の診療により脱毛症の原因を知ることが大切です。

加えて、生活習慣の見直し・改善も重要です。良質な睡眠の確保や、シャンプーの種類・使用頻度の見直し、1日30品目を目安に栄養バランスのよい食事を心掛けるなどの対策により、効率よく薄毛を改善することも可能となります。

薄毛治療には健康保険が適用されない

薄毛治療を受けるとなると気になるのが費用ではないでしょうか。一般的に、薄毛治療は健康保険が適用されないため全額自己負担となります。脱毛症は命に関わる病気ではなく、ホルモンバランスの乱れやストレス、不規則な生活習慣などが原因となって引き起こされるものであり、美容整形やレーシックなどと同じ「自由診療」に分類されます。自由診療は厚生労働省が未承認の治療法を用いた診療で、クリニックごとに価格が設定されるため、同じ治療でも価格差が出るのが特徴です。

しかし、脱毛症の種類によっては健康保険が適用される可能性があります。例えば円形脱毛症や脂漏性脱毛症、ひこう性脱毛症などがあり、これらの脱毛症においては皮膚疾患の治療とみなされ保険適用の対象となることがあるのです。費用に関して、治療を受ける前に医師にきちんと確認しておきましょう
※当院は、全て自由診療であり保険適応はございません。
※円形脱毛症・脂漏性脱毛症・ひこう性脱毛症に関しては、皮膚科の受診をおすすめいたします。

薄毛治療に使用される薬の費用について

薄毛治療には健康保険が適用されないため、あらかじめ費用を確認しておくことが大切です。対応できる治療はクリニックにより異なり、また費用にも差があります。

・ミノキシジル外用薬
薄毛治療の第一線で活躍している治療薬で、男性だけでなく女性の薄毛にも有効です。ミノキシジルは頭皮の毛母細胞に直接働きかけ、髪の毛の成長を促します。また、頭皮の血行促進による脱毛抑制効果も期待できます。費用の目安としては、60mlで5,000円(税込)です。

・パントガール
ドイツの「Merz Pharmaceuticals GmbH社」により開発・販売された女性専用の薄毛治療薬です。ケラチンやビタミンB1、L-シスチンなどの有効成分を含有しており、びまん性脱毛症や分娩後脱毛症に効果を発揮します。約3ヶ月の使用で、70%の方の抜け毛が減少したという臨床試験の結果も残っています。さらに発毛効果も期待でき、安全性が高く副作用の心配も少ないといわれています。費用の目安としては、90カプセルで7,800円(税込)です。

・ルグゼバイブ
2015年にアメリカの「DS Healthcare Group Inc」により販売が開始された女性専用の薄毛治療薬です。パントガールと同様の有効成分に加えて馬プラセンタが含有されており、脱毛の減少や発毛効果だけでなく疲労回復や美肌効果にも期待できます。費用の目安としては、90錠で8,000円(税込)です。

まとめ

女性と男性では脱毛症の種類や原因が異なる場合があるため、薄毛が気になる人は女性の薄毛治療に対応しているクリニックを受診することが大切です。クリニックによって、対応できる治療内容や費用が異なります。医師の判断のもと、自分の脱毛症に適した治療を受けるようにしましょう。

PAGE TOP

次回以降表示しない