ピル

コラム

副作用がほとんどないアフターピル、ノルレボって?価格や避妊率について解説

避妊に失敗して、気持ちが焦ってしまっている時、どんなアフターピルの種類があって、どれを選ぶべきか、冷静に調べる余裕がなかなか持てないかもしれません。

そんな時は、ぜひ「ノルレボ」というアフターピルをお選びいただくことをおすすめします。今回の記事では、アフターピルの中で最もメジャーであり、副作用もほとんどないと言われる「ノルレボ」をおすすめする理由について、ご説明させていただきます。

そもそもアフターピルって?どんな種類があるの?

そもそもアフターピルとは、避妊に失敗した性行為の後に飲むことで、妊娠する確率を下げる、緊急避妊薬のことです。

女性ホルモンの一種である、黄体ホルモンが含まれていて、排卵を遅らせたり、着床をしにくくする効果があります。

もちろん避妊率は100%ではありませんし、「1回飲んだらそのあとはずっと避妊効果が継続する」というものでもないので、他の手段がない本当の緊急時に飲むための薬になります。

元々は、ヤッペ法と呼ばれる、「プラノバール」という治療薬を用いて行われる緊急避妊の方法が一般的でしたが、こちらの方法は副作用が重く、吐き気や頭痛に襲われる可能性が高いため、今ではあまりおすすめされていません。

ウィメンズイースト駅前クリニックもヤッペ法は実施しておりませんので、ヤッペ法を希望される患者様には産婦人科を受診いただくようお伝えしています。

日本では、ヤッペ法の代わりに、冒頭でお伝えした「ノルレボ」という薬がメジャーになっています。

それ以外のアフターピルの種類としては、ノルレボのジェネリック品や、海外のアフターピルを輸入したものになります。ですが、世界中で主流とされているアフターピルはノルレボになりつつあります。

ここからノルレボの詳細についてご紹介させていただきます。

ノルレボの特徴とは

ノルレボという薬は、一般名を「レボノルゲストレル」といい、妊娠の可能性のある性行為の後、72時間以内に1錠服用することで、妊娠の確率を下げることができます。

ヤッペ法と比較した際の特徴としては、避妊確率が高く、副作用が現れる可能性が低いことです。

ヤッペ法のように副作用の強いアフターピルを選んでしまうと、服用後に嘔吐や下痢をしてしまい、薬の効き目が出なくなってしまうこともあります。

価格としては、ノルレボ錠の方が高いのですが、嘔吐してしまって結局何回も服用することになるのであれば、始めから副作用の少ない薬を選んだ方がお得でしょう。

ノルレボの価格帯とジェネリック品について

ノルレボの価格は、処方するクリニックによっても変動するのですが、だいたい13,000~16,000円程度が相場です。

一部の病院では、国内外のジェネリック品を取り扱っていて、値段も抑えることができるので、少しでも値段を抑えたい方は、事前に調べておくと良いでしょう。

ウィメンズイースト駅前クリニックでは、通常のノルレボが16,000円、国内のジェネリック品が14,000円で取り扱っています。

インターネット上で購入してもいい?

個人輸入の通販サイトなどで、ノルレボやそのジェネリック品が販売されていることがありますが、インターネット上で購入することはおすすめできません。

かなり安い価格がつけられているノルレボも散見されますが、中に入っている成分が全く異なっている可能性もあります。

特に安すぎる商品は、避妊効果がなかったり、毒物が含まれていて、数年後に体に悪影響を及ぼす可能性もあります。

病院を受診する場合でも、混んでいなければ1時間以内で診療と薬の処方が完了するところもありますし、インターネットよりも早く手に入れることができます。

ですから、インターネット上でリスクをとって自分で選んだアフターピルを購入するよりも、病院で処方してもらう方が、ずっとメリットが大きいと言えます。

 

アフターピルの購入方法について知りたい方はこちらもチェック

どこで?どうやって?アフターピルの購入方法

 

72時間以内に病院へ行くことが難しい場合

しかしそうは言っても、72時間以内にどうしても病院へ行くことが難しい場合もありますよね。

そんな時のために「エラ」というアフターピルがあります。「エラ」は、避妊確率を120時間以内までキープすることができるのです。

避妊確率もノルレボとほぼ変わりなく85%以上で、副作用もノルレボと同程度です。エラはWHOで必須薬として認められ、海外の薬局では一般用に販売されている国も少なくありません。特にイギリスやアメリカではメジャーな薬です。

しかしエラは日本で取り扱いのあるクリニックがまだ少ないので、事前に調べておく必要があります。

ウィメンズイースト駅前クリニックでは「エラ」の取り扱いをしておりますので、お気軽にご相談ください。

アフターピル服用後、避妊の成功・失敗がわかる期間

80%以上の避妊成功率とは言うものの、実際に避妊が成功したとわかるまでは不安ですよね。アフターピルの場合は、服用が月経周期のどの時期だったかによって、排卵の抑制、遅延、精子の子宮内侵入阻止、など作用が異なる可能性があります。

ですから、アフターピルを飲んだ後に、また避妊をしない性行為を行った場合、妊娠してしまう可能性は依然として高いままです。(服用しても妊娠してしまう場合もある訳です)

避妊に成功したと確実に言えるのは、次の生理が来たタイミングになります。アフターピルを飲むことで、生理周期が少し乱れたり、不正出血が出る可能性もあるので、注意が必要です。

もし、3週間以上生理が来ない場合は、妊娠した可能性があるので、検査するようにしましょう。

避妊効果の高い方法とは

性行為中に、避妊に失敗してしまった場合の対処法について見てきましたが、アフターピルの避妊確率は100%ではないということもわかりました。

コンドームによる避妊確率は約80%と言われています。正しく装着できれば、もっと確率は高まりますが、コンドームを正しく装着できている人は意外と少ないため、結果として確率は下がってしまっています。

また、アフターピルもだいたい80%程度の避妊確率です。緊急時の対処法なので、なるべく他の方法を選ぶようにしましょう。

現在日本で使える避妊法の中で女性が主体的に使え、正しく服用することで高い避妊効果が期待される避妊方法が、低用量ピルの服用です。

最近では値段が抑えられている低用量ピルも多く、ウィメンズイースト駅前クリニックでは、1ヶ月分は1800円から取り扱っています。

緊急時に、女性だけが焦るようなことがないように、普段から自分の体は自分で守る準備ができていると安心ですね。

また低用量ピルだけでは、性感染を防ぐことができないので、低用量ピルを服用しながら、コンドームを使って性行為をすることが理想的です。

もしまだ低用量ピルを服用したことがないという方も、気になることが少しでもある場合は、ぜひ気軽にクリニックや産婦人科を訪れてみてください。

 

低用量ピルについて知りたい方はこちらもチェック

避妊率が高く、女性主体で利用できる避妊薬。ピルの種類とその特徴とは?

まとめ

コンドームが破れてしまったり、中で外れてしまったとき避妊をしなかったとき、「妊娠してしまうかもしれない」と思わず焦ってしまいますよね。

そんな時は落ち着いて、早急にアフターピルを処方してくれるクリニックや病院を受診してください。

ノルレボは72時間以内、エラは120時間以内であれば、避妊効果がありますが、早ければ早いほど、避妊効果は高まります。

また、アフターピルを処方していない産婦人科などもあるので、調べる際は注意してください。

ウィメンズイースト駅前クリニックは産婦人科ではありませんので、検査などはできませんが、アフターピルの処方はしております。必要な時はご相談ください。

また、病院に行くのが恥ずかしいからと言って、インターネット上で怪しい薬を買い、数年後に体調不良で苦しんだり、避妊効果がなく妊娠してしまうと取り返しのつかないことになるので、きちんと病院へ行くようにしましょう。

アフターピルを処方されたら、すぐに服用して、しっかり経過を観察してくださいね。

 

初回WEB予約はこちらから

PAGE TOP

次回以降表示しない