ピル

コラム

ピルの正しい避妊効果を得るためには飲み方を間違えないことが大切!

ピルは低用量ピル、生理日変更ピル、アフターピルの3種類に大別され、それぞれで飲み方は異なります。ピルは正しく服用すれば極めて高い避妊効果を得ることができますが、少しでも間違えると避妊効果は大きく減少してしまいます。安全に避妊するためにも、ピルの飲み方をしっかりと覚えておきましょう。

低用量ピルの飲み方

低用量ピルは、日常的に服用することで継続的に避妊効果を得ることができる経口避妊薬です。そのため、1日1錠、決まった時間に服用することが大切です。服用する時間は自分で決めることができるため、平日・休日ともに忘れない時間を設定しましょう。飲み忘れた場合には正しい避妊効果を得ることができず、避妊に失敗してしまう可能性があるので注意が必要です。

低用量ピルを飲み始める時期は2種類あります。ひとつは月経初日から飲み始める方法です。この場合、飲み始めた当初から避妊効果を得ることができますが、月経前にピルを用意しておく必要があります。当院ではこちらの飲み方を推奨しております。もうひとつは、当院では推奨しておりませんが、月経開始後の最初の日曜日から飲み始める方法です。こちらの場合は月経開始から服用まで時間があるため事前にピルを用意していなくても対応することができますが、月経初日から避妊できるとは限らないためピルを飲み始めるまでに性行為の機会がある場合には別の避妊手段も用意する必要があります。

 

低用量ピルには21錠タイプと28錠タイプの2種類があり、それぞれで飲み方は若干異なります。

21錠タイプの場合は毎日1錠ずつ、同じ時間に決められた順番に従って服用します。21日でシートが無くなりますが、すぐに次のシートを飲み始めるのではなく、7日間休薬期間を設けます。その後、新しいシートを飲み始めます。21錠シートの場合、7日間の休薬期間後の再スタートを忘れる可能性があるため注意が必要です。次のシートの飲み始めが遅れると、避妊に失敗する恐れがあります。

28錠シートの場合、7錠のプラセボ(ホルモンが入っていない薬剤)が含まれているため休薬期間を設ける必要がありません。28錠を同じ時間に決められた順番に従って服用することで、自然と7日間の休薬期間を設けることができます。1シート飲み終えた後は、翌日から新しいシートを飲み始めます。

 

もし飲み忘れた場合、それが1日だけであれば飲み忘れた分を飲み、その後は通常どおり服用を続けます。2日以上連続して飲み忘れた場合には、そのシートの服用は中止して次の月経初日から新しいシートで服用を再開します。

生理日変更ピルの飲み方

生理日変更ピルは、生理を早めるのか遅らせるのかによって飲み方が変わります。

生理を早める場合、ずらしたい月経の直前の月経の早い時期から生理日変更ピルを服用します。5日目から服用し始め、最低10日間服用し、服用を止めると2~3日後から次の月経が始まります。この方法だと直前の月経時にピルを服用する必要があるため、少なくとも直前の月経が始まるまでにはクリニックを受診してピルを処方してもらう必要があります。万全を期すためには、できるだけ早く受診しておきましょう。

 

生理を遅らせる場合、遅らせたい月経の6日前(遅くても)から生理日変更ピルを飲み始めます。この場合はピルを服用している間は生理がこないため、生理を止めたい期間が終わる前日まで服用します。その後、2~3日ほどで次の月経が起こります。服用している間は生理を止めることができますが、その間に副作用が現れる危険性があることも覚えておきましょう。

 

アフターピルの飲み方

現在、性交時に避妊に失敗した場合、当院において妊娠を回避するために処方する薬剤は2種類あります。1種類目は、ノルレボ1.5㎎錠(一般名:ノボノルゲストレル)というお薬で、性交後72時間以内に服用した場合、妊娠阻止率は81%以上です。2種類目は、エラ30㎎錠(一般名:ウリプリスタル酢酸エステル)というお薬で、性交後120時間以内に服用した場合、妊娠阻止率は85%以上です。

お薬の性質上、1錠服用し体内に有効成分が吸収されれば、効果が期待できますが、副作用として服用後の吐き気と嘔吐が両薬剤共20%以上の確率で生じます。この副作用は胃薬や吐き気止めのお薬を一緒に服用してもほとんど避けることができません。

したがって、ノルレボ1.5㎎錠を服用後、2時間以内に嘔吐した場合、またはエラ30mg錠を服用後、3時間以内に嘔吐した場合、お薬の形が残っていない場合でも、有効成分が体外に排出されていると考えられます。その場合、再び、新しいお薬を服用するようお願いしています。ですので、当クリニックは、嘔吐後、すぐに新しいお薬を服用いただけるよう、ご希望に応じて2錠のご購入もおすすめしております。ちなみに2回目に同じお薬を服用した場合の嘔吐はほとんどありません。

また、通常下痢をしにくい方で、水溶性の下痢をアフターピル服用後5時間以内にされた場合、又は腸の障害・潰瘍性大腸炎・クローン病・消化管疾患等お持ちの方で同様のことが起こった場合も、体外に有効成分が排出されていると考えられます。その際も、嘔吐の時と同様に、再度、新しいお薬を服用するようお願いしています。

なお、お薬の効果は、次の生理が予定通りに来ることにより証明されます。

もし、性交後、お薬をきちんと服用したにも関わらず次回の生理予定日より10日を過ぎても、出血がない場合、妊娠されているかもしれませんので、婦人科を受診され妊娠の有無の確認を行ってください。

まとめ

3種類のピルはそれぞれ飲み方が異なるため、服用する際にはしっかりと確認しておく必要があります。飲み方を間違えると正しい効果を得ることができず、避妊に失敗する危険性があります。正しい飲み方を理解して、望まない妊娠を避けましょう。

 

正しい効果には飲むタイミングも重要?!

ピルを飲むタイミングを知りたい方はこちらもチェック

アフターピルとは?効果や副作用について

ピルの正しい効果とは?ピルの効果や副作用を知りたい方はこちらもチェック

アフターピルとは?効果や副作用について

PAGE TOP

次回以降表示しない