プラセンタ

コラム

注射と経口で何が違う?プラセンタの摂取方法

プラセンタを摂取する方法には、主に注射と経口の2種類があります。これらは単に摂取方法が違うというだけではなく、それ以外にも大きな違いがあります。プラセンタの利用を考えている方は、摂取方法についてもしっかりと理解しておくことが大切です。

そこで今回は、プラセンタの2種類の摂取方法についてご紹介します。

医療機関で受けることができるプラセンタ注射

プラセンタ注射は、厚生労働省から医薬品として正式に認可されています。そのため、プラセンタ注射を希望する場合は医療機関を受診する必要があります。

現在認可されているプラセンタ注射はメルスモンとラエンネックの2種類で、美容目的で利用される他、ラエンネックは慢性肝疾患、メルスモンは更年期障害や乳汁分泌不全の治療にも用いられます。

治療目的で利用する場合は保険適用となりますが、美容目的の場合は適用対象外です。

医療用プラセンタ注射の原料は、日本国内の正常分娩で生まれた人の胎盤から採取できるヒトプラセンタです。妊娠入院時に血液検査を行い、感染性の高い病気にかかっていないことが確認された人の胎盤から採取されます。高圧蒸気滅菌が施された後、無菌試験や動物試験が行われるため、安全性は確保されています。

プラセンタ注射の方法は、主に皮下注射と筋肉注射の2種類があります。ラエンネックはどちらでも利用されますが、メルスモンは皮下注射のみとなっています。

皮下注射は投与する薬液が少なく、吸収量も少ないことからあまり痛みがありません。また、費用の負担も比較的少ないといえます。筋肉注射の場合、筋肉にある筋層には血管が多く吸収速度が速いため、即効性に優れています。どちらの方法を選ぶかは、プラセンタ注射の種類や体の状態などによって変わります。

注意点としては、プラセンタ注射を行うと献血ができなくなるという点があげられます。これは、他人の胎盤エキスを原料としているのでリスクをゼロにできないことがその要因となっています。ただ、ヒト胎盤を原料として製造される医薬品の投与により、感染症が伝播したとの報告は現在まで国内・海外ともにありません。

サプリメントとして利用されている経口のプラセンタ

経口のプラセンタは、主にサプリメントとして利用されています。医薬品ではないため一般に販売されていて、自己判断で自由に摂取できます。

プラセンタ注射はヒトプラセンタが用いられていますが、経口のプラセンタは化粧品などと同じく豚や馬などの動物性プラセンタが用いられます。医療機関ではヒトプラセンタの錠剤も取り扱われていますが、動物性プラセンタサプリメントのほうが一般的です。原料となっている動物の種類によって特徴が異なるので、購入する際には何の動物のプラセンタであるかを確認しておきましょう。

経口のプラセンタサプリメントはプラセンタ注射と比べると即効性に劣りますが、飲み続けることである程度の効果が期待できます。加えて、手軽に摂取できるという大きなメリットもあります。医療機関を受診する必要がなく、費用もプラセンタ注射に比べて安いので、手に入れるのも簡単です。また、プラセンタ注射を行った場合は献血することができませんが、サプリメントの場合はそうした制限もありません。

経口のプラセンタサプリメントは食品のカテゴリに位置づけられるため、副作用はないものと考えられています。しかし、アレルギーが発症した事例は報告されています。これは、タンパク質やアミノ酸が豊富に含まれていることに起因しています。アレルギー体質の場合は、医師の指導を受けるなどの注意が必要です。

まとめ

プラセンタ注射と経口のプラセンタサプリメントには、大きな違いがあります。プラセンタ注射は医療用のヒトプラセンタを用いたもので、利用するには医療機関を受診する必要があります。経口のプラセンタサプリメントは豚や馬などの動物性プラセンタを用いたもので、一般で販売されていて自由に摂取できます。どちらにも一長一短あるので、利用する際には自分に合ったものを選択する必要があります。

PAGE TOP

次回以降表示しない