マーベロン

マーベロン

「本格的な治療を始めるには、時間もお金もかかりすぎてしまうし…もう少し手軽にケアしていくことが出来ないかな」そんな風にお考えの方は、お薬を試してみませんか。
また、オンライン診療も行っているので、お忙しい方でもお気軽にご相談ください。

オンライン診療について

全国どこからでも対応しております

クリニックに来院することなくお電話にて診察、お薬の処方を行える診察方法です。
時間が合わない・忙しくて通院できない・遠くて通えない等の理由で当院への来院ができない方にはとっても便利なサービスです。オンライン診療後は、お薬をご指定の場所にお届けさせて頂きます。

マーベロンとは

マーベロンは第3世代1相性の低用量ピルです。ゲストデンと呼ばれる黄体ホルモンが使用されており、避妊の効き目をキープしたまま、男性化の症状や副作用を抑えれたお薬です。1錠に含まれているホルモン量がすべて同じため、飲み間違いを防ぐことができます。

マーベロンのメリット

  • 飲み間違いを防げる
  • 服用順を間違えても安全性に影響がない
  • 飲み忘れを防ぐ曜日シール付
  • 副作用が起きにくい
  • 生理日の移動がしやすい
  • 実薬と偽薬(プラセボ錠)が一目でわかる
  • 肌荒れやニキビも改善できる
  • 多毛症

マーベロンのデメリット

  • 副作用がないわけでない
  • 体質的に合わない人もいる
  • HIV感染(エイズ)及び他の性感染症を防止するわけではない

マーベロンの用途

  • 避妊対策
  • ニキビや肌荒れのケア
  • 生理周期の安定
  • 生理痛の緩和
  • 生理中の出血の緩和
  • 生理前イライラ(PMS)の解消
  • 卵巣癌、子宮体癌の予防
  • 子宮内膜症
  • PMDD(月経前不快気分障害)の治療

ピルの効果は世代や相性によって大きな差はありません。副作用の有無や続けやすさなどからご自分に合ったピルを見つけることが大切です。

マーベロンの飲み方

・21錠

毎日1日1錠を一定の時刻に服用します。21日間連続経口投与(1シート)した後は、7日間の休薬期間をも受けます。その後次のシートの1錠目から服用し、避妊する期間繰り返してください。

・28錠

毎日1日1錠を一定の時刻に服用します。21日間連続経口投与した後は、緑色錠(プラセボ錠)を7日間服用します。計28錠(1シート)服用したら、そのまま次のシートの1錠目から服用し、避妊する期間繰り返してください。


ピルの詳しい飲み方についてはこちら

マーベロンの副作用

  • 不正性器出血(8.8%)
  • 悪心(5.6%)
  • 頭痛(4.2%)
  • 乳房痛(2.9%)
  • 月経過多(2.6%)
  • 血栓症(頻度不明)

マーベロンでは、2,932件中707件(24.1%)で副作用の発現が確認されております。主な副作用は上記の通りです。重大な副作用では他の低用量ピル同様、血栓症が確認されています。

低用量ピルの値段

  • マーベロン28

    マーベロン28

    3,000円(税込)

よくある質問

  • マーベロン21錠の取り扱いはないのですか?

    当院で扱っている低用量ピルは全て28錠タイプです。休薬期間の日数を間違えないようにするためにも、28錠タイプを推奨しております。

  • 他の薬と併用できますか?

    併用注意・併用禁忌の薬があります。普段から服用している薬があれば医師にお伝えください。

  • 生理日を移動したい場合はどうしたらいいですか?

    7日間の休薬期間を設けず、移動させたい(遅らせたい)日数分、次のシートからピル服用することで生理日をずらすことができます。生理日移動後は休薬期間を設け、さらに次のシートの1日目からピルの服用を再開します。詳しくは医師にご相談ください。

PAGE TOP