アフターピル

アフターピル

アフターピルは、避妊に失敗したときなど、
望まない妊娠を回避するために服用されます。
「緊急時」のみに使用される薬で、妊娠の可能性がある性行為をしてから
72時間以内に服用することが定められています。
当院では、スピーディーな診察と処方で、
少しでも早くお客様の手元にお薬をお届けします。

オンライン診療について

全国どこからでも対応しております

クリニックに来院することなくお電話にて診察、お薬の処方を行える診察方法です。
時間が合わない・忙しくて通院できない・遠くて通えない等の理由で当院への来院ができない方にはとっても便利なサービスです。オンライン診療後は、お薬をご指定の場所にお届けさせて頂きます。

アフターピルとは?

アフターピルとは、避妊に失敗したときや性犯罪に巻き込まれた後に緊急的に妊娠を回避するために用いるピルのことです。女性ホルモンの「プロゲステロン」を含有しており、排卵の遅れや子宮内膜の変化を促し、受精や着床を阻害することで妊娠を回避することが可能となります。
無防備な性行為後72時間以内に服用する必要があり、性行為からの時間が短いほど妊娠阻止率はアップ。24時間以内に服用すれば95%の確率で妊娠を阻止することができるとされています。


アフターピルとは?詳しくはこちら

アフターピルのメリット

  • 妊娠をほぼ100%防いでくれる
  • 生理周期が安定し、飲むタイミングで生理の時期をコントロールできる
  • 生理痛が軽くなる
  • ニキビができにくくなる
  • やめたい時にやめることができる

アフターピルのデメリット

  • 副作用や病気になるリスクがある
  • 定期的な検査が必要
  • お金がかかる

アフターピルの用途

  • コンドームの破損などによる避妊の失敗
  • 性交後に低用量ピルの飲み忘れに気付いた
  • 子宮内リングが脱落した
  • 性犯罪に巻き込まれた

アフターピルはいずれも緊急時の対応として飲むためのものです。犯罪などに巻き込まれたなどの事情を除き、日ごろから正しい避妊法を実践するようにしましょう。

アフターピルの飲み方

アフターピルは妊娠の可能性がある性行為をしてから72時間以内に服用することが定められています。アフターピル「レボノル」の製造販売元であるあすか製薬株式会社の研究によれば、72時間を過ぎたタイミングで服用すると妊娠阻止率は63%に低下するとのこと。
妊娠を希望していないものの、妊娠する可能性のある性行為をした場合は早急に婦人科を受診しましょう。最近ではオンライン診療を用いて自宅で診察・処方を受けることもできますので、望まない妊娠の場合はすぐに行動しましょう。

アフターピルの副作用

アフターピルは低用量ピルなどに比べ、多くの女性ホルモンを含むため、服用後は全身に以下のような副作用が現れやすいのが特徴です。

  • 吐き気や嘔吐
  • 頭痛
  • 倦怠感
  • 眠気
  • 不正出血
  • 下腹部痛
  • ニキビや肌荒れ

このうち、吐き気や嘔吐が強く現れるときは注意が必要です。服用後に嘔吐することでピルの成分が十分に吸収されず、効果が得られなくなってしまうケースも少なくありません。服用後に嘔吐した場合は処方された病院に相談するようにしましょう。

アフターピルの種類

ノルレボ

ノルレボ錠は、ヤッペ法と比較すると副作用もかなり少なく、避妊確率も高いです。また飲む回数も1回で、より手軽に対処することができます。
副作用として、吐き気や腹痛、頭痛、生理不順が起こる可能性もなくはありませんが、ほとんどなかったと感じる人も多数いらっしゃいます。

エラワン

子宮筋腫の治療薬としても使用されており、性行為後120時間以内に服用すれば避妊効果を得ることができます。
72時間以内でなければ効果が落ちてしまうノルレボ錠と比較して、120時間以内であれば避妊効果が持続する薬となっています。
日本ではまだ公式に承認されているわけではないのですが、ヨーロッパやアメリカでは数年前に承認され、一般的なドラッグストアでも販売されています。
排卵を遅らせて避妊するノルレボ錠の効果にプラスして、着床をしにくくする効果も併せ持っているので、エラの方が避妊確率は高いと言えます。
ただ、取り扱っている医療機関が、ノルレボ錠よりも少ないので、受診が性行為から72時間以上経ってしまいそうな時や、初めからエラを希望する場合は、取り扱いのある医療機関を調べる必要があります。

ヤッペ法

プラノバール配合錠という中用量ピルを72時間以内に2錠を1回服用し、12時間後にも2錠を1回服用します。緊急避妊薬として正式に承認されてはいませんが、緊急避妊薬として使用されることがあります。副作用があらわれる確率が高く、気持ちが悪くなったり(悪心)や戻してしまったり(嘔吐)、副作用として消化器系の症状が起こりやすい特徴があります。

アフターピルの値段

  • ノルレボ先発

    ノルレボ(国内先発品)

    15,000円(税込)

    現在、最も多く使用されているアフターピルです。無防備な性行為から72時間以内に1回のみ服用することで、排卵を遅らせたり、子宮内膜の状態を変化させたりする効果を発揮します。

  • ノルレボ後発

    レボノルゲストレル「F」(国内後発品)

    12,000円(税込)

    国内で製造販売されているノルレボと同一成分を同量含むアフターピルです。価格は国内産のものよりも抑えめですが、効果は同じです。正しく服用すれば高い妊娠阻止効果を発揮します。

  • レボノルゲストレル(ノルレボジェネリック)

    エラ

    18,000円(税込)

    一般的なアフターピルとは違い、性行為後5日(120時間以内)に服用すれば、約85%以上の確率で避妊することができます。

アフターピルのもらい方

■もらい方(来院される場合)

1.まずは当院にお越しください。
 事前のご予約、保険証は必要ありません。
2.問診、診察を行い、現在の状況から最適なお薬を提案します。
 飲み方や注意点についても丁寧にご説明いたします。
 気になることがあればお気軽にご相談ください。
3.診察終了後に受付にてご希望のお薬を処方し、会計となります。

■もらい方(オンライン診察の場合)

1.初診の方は事前に下記WEB問診票をご記入ください。
 (再診ご希望の方は直接クリニックにお電話ください)
 オンライン診療WEB問診票フォーム
2.クリニックにお電話ください。
 03-3225-0367
3.お電話越しにご記入いただいた問診票の確認を行います。
4.問診票をもとにお電話で医師による診察を行います。
5.診察後、問題なければお薬をご自宅までお届けします。

■料金

アフターピル料金は下記の通りです。
・ノルレボ(国内先発品):15,000円(税込)
・レボノルゲストレル「F」(国内後発品):12,000円(税込)
・エラ:18,000円(税込)
※費用はお薬代のみとなります。

飲む必要はあるのか?

■妊娠しやすい時期

女性の体内での精子の寿命は約2~3日。卵子は排卵後約24時間といわれています。そのため、排卵の前から、排卵直後が妊娠しやすい時期といえます。
では、排卵日を避ければ妊娠を防げるのでしょうか?答えは「NO」です。個人差はありますが、排卵日がズレてしまうことはよく起こります。特に、生理周期が不安定な人は排卵日を予想するのも難しくなります。そのため、安全日といえる日は実のところ存在しません。望まない妊娠を防ぐためにも、避妊に失敗してしまった際は正しい対応を行いましょう。

アフターピルの効果と効く理由

■効果

ノルレボは、24時間以内の服用で95%、エラは120時間の以内の服用で95%の避妊効果が確認されています。

■効く理由

アフターピルは「排卵日を5~7日遅らせる効果」があります。精子の寿命が2~3日なので、排卵を遅らせることで受精するのを防ぐ効果があるとされています。また、アフターピルは「子宮内膜を変化させ着床しにくくする効果」も確認されています。万が一、排卵日と避妊の失敗日が重なって受精してしまったとしても、受精卵が着床することを防げれば妊娠には至りません。

アフターピルの関連記事

アフターピルの処方の流れ

  • 受付・問診票の記入

    受付・問診票の記入

    初診の方はその旨を伝えていただき、再診の方は診察券のご提示をお願いします。事前のご予約・保険証は必要ありません。

    ※初診WEB予約をご利用されると受付がスムーズに行なえます。

  • 医師による問診・診察

    医師が問診・診察をします。患者様のお悩みと現在の状況から最適なお薬を提案させていただきます。

  • 院内(受付)にて処方・会計

    院内(受付)にて処方・会計

    診察終了後に受付にてご希望のお薬を処方し、会計となります。

スマホ診察(オンライン診療)に関する詳細はこちら

初診WEB予約はこちら

※オンライン診療について

当院では、スマートフォンのビデオ通話を利用したスマホ診察(オンライン診療)を実施しています。
アフターピルは72時間以内に服用することで高い効果が得られるとされています。来院に抵抗がある方や遠方の方はオンライン診療もご検討ください。
スマホ診察の場合、代引きにてお薬をご自宅に配送させていただきます。

電話診察はこちら

スマホ診察(オンライン診療)に
関する詳細はこちら

よくある質問

  • アフターピルは薬局や通販で手に入りますか?

    アフターピルは医療用医薬品です。薬局やドラッグストア、通販サイトなどでは販売されておらず、入手するには医療機関で診察を受け、処方してもらう必要があります。
    コロナ禍においてはオンライン診療でアフターピルの処方を行い、郵送で届けてくれるクリニックも増えています。婦人科には行きにくいという方はオンライン診療を利用するのも一つの方法です。

  • アフターピルはいつまでに飲めばよい?

    アフターピルは妊娠の可能性がある性行為をしてから72時間以内に服用することが定められています。しかし、時間が経過しないほど妊娠を高率に予防することができます。

  • アフターピルを服用できないケースはどんな時?

    ①年齢が15歳未満
    年齢制限は設けられていませんが、未成熟な身体への負担や責任能力を考慮して、15歳未満の方には処方されないケースがあります。
    ②妊娠している可能性がある場合
    妊娠後にアフターピルを服用した場合は胎児に悪影響を与えるため、妊娠の可能性がある場合にはアフターピルを購入・服用できません。
    ③重篤な肝障害のある患者
    アフターピルを服用後に、症状が悪化する可能性があります。そのため、既に重篤な肝機能障害を持っている場合には、さらなる重症化を防ぐためにもアフターピルは服用できません。
    ④本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある女性
    本剤の成分に対して過敏症を患っている場合には、症状の発現を防ぐためにもアフターピルは服用できません。

  • アフターピルは保険が適用される?

    アフターピルは保険の適用外となっています。そのため、同じアフターピルでも扱う医療機関によって価格が変わってしまいます。

  • アフターピルを個人輸入での購入は危険ですか?

    日本ではアフターピルは医師による処方が必要な薬ですが、海外では一般医薬品として販売されていることもあります。そのため、インターネットの個人輸入代行などを活用すれば、医師を介さずに購入することもできます。しかし、個人輸入代行を利用してアフターピルを購入するのは、偽造薬の可能性があるということで極めて危険な行為です。

PAGE TOP