ピルについて学ぶ

ピルをやめるときの注意点!タイミングや体に起こる変化・副作用について

公開日:最終更新日:

オンライン診療について

全国どこからでも対応しております

クリニックに来院することなくお電話にて診察、お薬の処方を行える診察方法です。
時間が合わない・忙しくて通院できない・遠くて通えない等の理由で当院への来院ができない方にはとっても便利なサービスです。オンライン診療後は、お薬をご指定の場所にお届けさせて頂きます。

ピルを自己判断でやめるのはリスクがあります。 医師に相談したうえで、服用を中止するタイミングを決め、念のため血栓症など体に異常がないかを検査をするのがおすすめです。 また、ピルをやめることで起きる体の変化にも注意が必要です。 ピルをやめた後のトラブルを回避するために、服用中止後の注意点や体の変化についてご紹介します。

  • 松沼 寛

    HIROSHI MATSUNUMA

    1998年03月
    名古屋大学医学部 卒業
    1998年04月
    岡崎市民病院 勤務
    2000年04月
    名古屋大学医学部付属病院 勤務
    2008年07月
    市立四日市病院 勤務
    2020年04月
    イースト駅前クリニック岡山院
    院長就任
    2022年05月
    イースト駅前クリニック女性外来院
    院長就任
    資格
    泌尿器科専門医
    所属学会
    日本泌尿器科学会

ピルをやめるタイミング

ピルの服用をやめるタイミングは、今飲んでいるシートが全て服用し終わったタイミングがいいでしょう。 やめる際は、やめた後のリスクや体調の変化について知っておく必要があるので、 医師に相談してくだい。

ピルの副作用が強いなど何らかの理由で早くピルをやめたい場合は、すぐに服用を中止しても構いません。 ただし、体に何らかの異常がないかのチェックもかねて、ピルの服用をやめる際は、医師に相談してください。

(※1)

ピルをやめた方がいい年齢

年齢を重ねると、ピルの服用による体への影響も大きくなるとされています。 40歳以上の方は、とくに心筋梗塞などの心血管系の障害も関係してくるため、 「服用を続けるか・やめるか」の判断は医師と相談してください。

上記とは別に、投薬を禁止される場合もあります。 たとえば、BMI 30 以上の肥満、妊娠高血圧の既往、高脂血症、血管性病変のない糖尿病などの症状がある方で、 40 歳以上の方はピルの投薬不可となります。 また、50歳以上の方、閉経している方も服用ができません。 喫煙者の場合は、原則35歳以上で服用ができないとされています。

年齢に伴い体調面に不安のある方は、必ず医師に相談し、ピルの服用を続けるか決定しましょう。

(※2)

妊娠を希望してピルをやめる場合

一般的に、ピルの服用をやめてから3か月~4か月までに月経が戻り、妊娠できる体になります。 また、ピル服用による胎児の影響はないとされています。服用中止後すぐに妊娠した場合も同様です。

また、長期間服用し続けたからといって、妊娠のしやすさには影響しないと考えられています。

(※3)

ピルをやめると起きる体の変化・副作用

ピルをやめることで、今まで軽減されていた生理痛やPMSなどの月経随伴症状に再び悩まされてしまう場合があります。 事前にどんな変化が起きるのか確認しておきましょう。

生理が来なくなる人も

ピルは生理不順を根本から治すわけではありません。 そのため、ピルの服用中止とともに、もともと生理不順だった人は以前の状態に戻り、生理周期が乱れる場合があります。 ピルの服用をやめてから1回目の退行出血は、ピルを服用していたときと同じタイミングできますが、2回目以降は生理周期が乱れる可能性があります。 生理予定日を過ぎて2週間以上経つ場合は、医師に相談しましょう。

(※3)

月経随伴症状が以前の状態に戻る可能性がある

ピル服用中は、その作用によって排卵が抑えられ、妊娠中のようなホルモンバランスになっています。

しかし、ピルの服用をやめると、体は元の状態に戻ります。 そのため、以前より生理痛やPMS/PMDD、肌荒れやニキビなどの月経随伴症状があった方は、 再度同じような症状に悩まされてしまうことがあります。 酷い場合は、医師に相談するようにしましょう。

(※3)

抜け毛が増える可能性がある

ピルの服用を中止すると、エストロゲンが急激に減少し、分娩後脱毛症のように抜け毛が増える場合があります。 その場合、分娩後脱毛症と同様に、一時的なものなので、自然に症状が改善されることが多いです。

なかなか改善されない場合は、抜け毛の原因が違う可能性もあるので、専門のクリニックへご相談ください。

ピルはやめる前に、必ず医師に相談しましょう

ピルをやめる際は、一度、医師へ相談しましょう。 ピルはいつでもやめることが可能ですが、体調の変化副作用のリスクがあります。 どういった症状が起きる可能性があるのか医師と確認し、やめるべきか検討してください。

また、ピルをやめた際に起きる体の変化次第では、再び服用を検討した方がいい場合など、医師の判断が必要な場合があります。 生理が遅れていたり、PMSや月経痛など、月経随伴症状が酷い場合にはクリニックへ受信してください。

参考URL

1)特定非営利活動法人OC普及推進事業団「ピル服用をやめる方法」
http://mixi-pill.com/yamekata.html
2)日本産婦人科「低用量経口避妊薬、低用量エストロゲン・プロゲストーゲン配合剤ガイドライン(案)」
http://www.jsog.or.jp/news/pdf/CQ30-31.pdf
3)バイエル薬品株式会社「OCを服用される方へ」
https://pharma-navi.bayer.jp/sites/g/files/vrxlpx9646/files/2020-12/TRQ180901.pdf

  • 松沼 寛

    HIROSHI MATSUNUMA

    1998年03月
    名古屋大学医学部 卒業
    1998年04月
    岡崎市民病院 勤務
    2000年04月
    名古屋大学医学部付属病院 勤務
    2008年07月
    市立四日市病院 勤務
    2020年04月
    イースト駅前クリニック岡山院
    院長就任
    2022年05月
    イースト駅前クリニック女性外来院
    院長就任
    資格
    泌尿器科専門医
    所属学会
    日本泌尿器科学会

ピルの関連記事

低用量ピル

  • トリキュラー28

    トリキュラー28

    3,000円(税込)

  • マーベロン28

    マーベロン28

    3,000円(税込)

  • ラベルフィーユ28

    ラベルフィーユ28

    2,700円(税込)

生理日移動ピル

  • ノアルテン

    ノアルテン

    5,000円(税込)
    ※カウンセリング料+お薬代(税込)

アフターピル

  • ノルレボ(国内先発品)

    ノルレボ(国内先発品)

    15,000円(税込)

  • レボノルゲストレル「F」(国内後発品)

    レボノルゲストレル「F」(国内後発品)

    12,000円(税込)

PAGE TOP