ピルについて学ぶ

アフターピルを服用した後の生理について

公開日:最終更新日:

オンライン診療について

全国どこからでも対応しております

クリニックに来院することなくお電話にて診察、お薬の処方を行える診察方法です。
時間が合わない・忙しくて通院できない・遠くて通えない等の理由で当院への来院ができない方にはとっても便利なサービスです。オンライン診療後は、お薬をご指定の場所にお届けさせて頂きます。

アフターピルは、性交後72時間以内に服用することで妊娠リスクを減らすことができる薬です。望まない妊娠を防ぐためには、避妊に失敗した後できるだけ早くに服用することが大切です。なお、アフターピルを服用したとしても、実際に生理が起こるまでは妊娠していないか心配になる女性も少なくありません。そんなときに慌てないためにも、アフターピルを服用した後の生理がいつごろ起こるのかといった、服用後の生理の特徴について知識を深めておきましょう。

今回は、アフターピルを服用した後に発生する生理についてご紹介します。

アフターピルの服用後には、出血が起こる

生理は、排卵後に受精しなかった場合、受精に備えて厚くなった子宮内膜が剥がれ落ちて、女性器から出血をともなって体外に排出される症状です。女性は毎月一定のサイクルで生理を繰り返しており、このサイクルを生理周期と呼びます。

アフターピルには排卵を抑える効果があるため、妊娠を防ぐことに成功すると生理が起こります。アフターピルの服用によって起こる出血を消退出血と呼びます。

ほとんどの女性では、アフターピルを服用して3日目以降から消退出血が現れます。消退出血が起これば妊娠の心配はほぼありませんが、次の生理が起こるまでは安心は禁物です。女性器からは、子宮内に異常が起こった際に起こる不正出血など生理以外にもさまざまな出血が起こります。アフターピルを服用後に出血が起こったとしても、それが本当に消退出血なのか判別は困難です。

避妊に成功したか確認する場合には、出血が起こった後に医療機関を訪れて検査を受けることが大切です。

アフターピルによる生理周期への影響

通常、女性は25日~38日間の生理周期によって生理を繰り返します。しかし、アフターピルを服用すると生理周期に10日前後の乱れが発生することがあります。ほとんどの場合、生理周期が予定よりも早まることが多いのですが、遅くなるケースも確認されています。

予定通りに生理がこない場合、着床したと思って慌ててしまう女性も少なくありません。しかし、アフターピルの避妊成功率はとても高く、正しい服用をすれば妊娠する可能性はほとんどありません。そのため、遅れている可能性も踏まえて、予定周期から10日ほど経過するまで様子を見ることが大切です。むしろ慌ててしまったり、思い悩んでしまったりすると、ストレスによって生理がさらに遅れることもあります。

いつまでたっても生理がこない場合

予定周期から10日以上経過しても生理が起こらない場合は、既に妊娠している可能性もあります。正しい服用をしなかった場合や、避妊に失敗した日が排卵日と重なっていた場合には、妊娠を防げないこともあります。もしも生理がいつまでたっても起こらない場合には、できるだけ早くに医療機関を訪れて検査を受けることが大切です。

まとめ

アフターピルは、避妊に失敗した性交後72時間以内に服用することで、強制的に出血を起こして着床を防ぎます。この出血は消退出血と呼ばれ、アフターピルの服用後早ければ3日目以降から現れます。しかし、消退出血は他の女性器からの出血と判別できないため、出血が起こった後には必ず医療機関で検査を受けましょう。

アフターピルは、生理周期を10日前後早めたり遅らせたりする作用もあります。そのため、予定の生理周期に生理が起こらなくても、落ち着いて10日以上様子を見ることが大切です。もしも生理がいつまでたっても起こらない場合は、着床している可能性があります。その際には、できるだけ早くに医療機関で検査を受けることが大切です。

アフターピルの関連記事

  • ノルレボ(国内先発品)

    ノルレボ(国内先発品)

    15,000円(税込)

  • レボノルゲストレル「F」(国内後発品)

    レボノルゲストレル「F」(国内後発品)

    12,000円(税込)

  • エラ

    エラ

    18,000円(税込)

PAGE TOP