ピルについて学ぶ

アフターピルの効果が出る時間!72時間以内じゃないと避妊できない?

公開日:最終更新日:

オンライン診療について

全国どこからでも対応しております

クリニックに来院することなくお電話にて診察、お薬の処方を行える診察方法です。
時間が合わない・忙しくて通院できない・遠くて通えない等の理由で当院への来院ができない方にはとっても便利なサービスです。オンライン診療後は、お薬をご指定の場所にお届けさせて頂きます。

「避妊に失敗してしまったけど、何からどうすればいいかわからない!」

そんな時は落ち着いて、72時間以内に対処しましょう。どうしても72時間以内が難しいという方には、120時間以内で避妊できる方法もご紹介いたします。

避妊に失敗した時はどうすればいいの?

「あれ、コンドームが破けてる!」

「つけたはずのコンドームが外れてしまっていた」

そんな時、妊娠を望まない場合は「妊娠したらどうしよう」と不安でいっぱいになってしまいますよね。

でも安心してください。

適切な対処を素早く行えば、妊娠する確率はグッと下げることができます。

もし避妊に失敗したことがわかったら、素早く近くの産婦人科やクリニックを調べて、アフターピルを処方してくれる医療機関を見つけましょう。

アフターピルとは、性行為の後に服用することで、排卵の時期を遅らせて妊娠を防いでくれる薬のことです。

日本では薬局などで購入することはできないので、医療機関へ受診して、処方してもらう必要があります。

ネットでも販売しているところはありますが、効果のない偽物の薬を販売しているお店もあるので、かなり注意が必要です。

できるだけ信頼できる医療機関のもとで、診療を受けて、医師の指示に沿ってアフターピルを選ぶようにしましょう。

受診したあとはできるだけ早くアフターピルを服用する必要があります。服用のタイミングは、早ければ早いほど、避妊効果が高まります。

72時間以内(3日以内)に服用の必要があるアフターピル

アフターピルの中にも様々な種類がありますが、一番メジャーな薬ノルレボ錠と、従来の緊急避妊方法であるヤッペ法の場合は、72時間以内(3日以内)に薬を服用する必要があります。

ノルレボ錠の場合は、72時間以内に一度服用すれば効果が期待できますが、ヤッペ法の場合は、72時間以内に1度2錠服用して、その後12時間後に再度2錠服用する必要があります。

また、副作用として嘔吐や下痢の症状が出てしまった場合は、薬の有効成分が体外に排出してしまう可能性があるので、再度同じ薬を飲む必要があります。

できる限りアフターピルを服用した日は安静に過ごすことをおすすめします。

どうしても72時間以内に受診することが難しい時はどうすればいい?

やむを得ない事情で、72時間以内の受診・アフターピルの服用が難しい場合は、エラというアフターピルを服用することで、120時間以内(5日以内)であれば、妊娠を防ぐことができます。

海外旅行の途中で妊娠に失敗してしまったり、どうしても他に外せない用事があって72時間以内の対応が難しい場合は、エラというアフターピルを取り扱う医療機関を調べて、受診しましょう。

エラは、ヨーロッパやアメリカで一般的なアフターピルで、まだ日本ではメジャーではないのですが、ノルレボ錠よりも長く対応期間を持つことができます。

飲み方は同じで、120時間以内に薬を一度服用すれば、避妊効果を高めることができます。

効果がわかるのはいつ?

アフターピルを飲んだからと言って、すぐに「妊娠していない」と判別できるわけではありません。また、アフターピルを飲んだあとはいくらコンドームなしで性行為しても妊娠しないというわけでもありません。

アフターピルは、排卵を遅らせたり、着床をしにくくする効果はありますが、数日後にまた同じように避妊のない性行為をしてしまうと、結果的に排卵の時期と重なってしまい、妊娠する可能性があります。

アフターピルを飲んで満足せず、きちんと正しい避妊を行うようにしましょう。

また、妊娠していないと判別できるのは、次の生理がくる1ヶ月前後あとになります。アフターピルを飲むことで、ホルモンバランスが崩れ、1週間前後生理の始まりがずれる可能性があるので、その時期は慎重に自分の体を観察してください。

生理予定日から2週間~3週間経っても生理がこない場合は、妊娠している可能性もあるので、早めに妊娠検査と医療機関での受診をしてください。

薬の効果は、処方する病院や薬によっても変わりますが、80~99%の確率で避妊することができます。しかし逆に言うと、100%防げるわけではないということを覚えておいてください。

アフターピルの服用によって、奇形児が生まれる可能性はある?

万が一、アフターピルを服用しても結果的に妊娠してしまった場合、赤ちゃんへの影響があった事例はこれまで報告されていません。

しかしどんなお薬でも絶対に赤ちゃんへ影響はありませんと言えるお薬はありません。妊娠を望まない場合は、避妊をしっかり行う事をおすすめします。

今日本では、毎年30万件の人工妊娠中絶が行われていて、実際に生まれる赤ちゃんは年間約110万人であることを考えると、想像以上に多くの望まれない妊娠が起こっている事がわかります。

また、人工妊娠中絶には約10万円以上の金額がかかり、さらに母親の体と心の負担もかなり大きくなります。

様々な理由で避妊が出来なかったり失敗してしまった場合、少しでも「妊娠に繋がってしまうかも」と感じたら、迷うよりも先に信頼できる病院で受診し、アフターピルを服用することをおすすめします。

インターネット上で販売されているアフターピルは安全?

病院に行く手間を省くため、インターネット上で購入できるアフターピルを検討される方もいらっしゃるかもしれません。

しかしネット上で流通しているアフターピルの中には、偽物が混ざっているとの報告もありますので、できる限りやめた方が良いでしょう。

リスクとしては、偽物で避妊効果が全くない薬である場合と、避妊効果はあるものの重金属などの毒が混入していて、数年後に体に不調が出る可能性があります。

また海外のアフターピルを個人で輸入した場合、医薬品副作用被害救済制度の対象外となっておりますので、問題が起きた時に助けてもらうこともできません。

厚生労働省のHPでも、海外の偽物の薬についての記載がありますので、病院で処方されたものを選択するようにしてください。

https://www.forth.go.jp/useful/attention/06.html

まとめ

避妊に失敗した時は、できるだけ早く、72時間以内に病院で受診してアフターピルを処方してもらいましょう。

どうしても72時間以内が難しい場合は、エラというアフターピルを取り扱っている医療機関を探し、120時間以内に受診して服用してください。

早ければ早いほど、避妊確率は高まるので、できる限り早めに行動することをおすすめします。

アフターピルの関連記事

  • ノルレボ(国内先発品)

    ノルレボ(国内先発品)

    15,000円(税込)

  • レボノルゲストレル「F」(国内後発品)

    レボノルゲストレル「F」(国内後発品)

    12,000円(税込)

  • エラ

    エラ

    18,000円(税込)

PAGE TOP