ピルについて学ぶ

性交後いつまでなら大丈夫?アフターピルを服用するタイミング

公開日:最終更新日:

オンライン診療について

全国どこからでも対応しております

クリニックに来院することなくお電話にて診察、お薬の処方を行える診察方法です。
時間が合わない・忙しくて通院できない・遠くて通えない等の理由で当院への来院ができない方にはとっても便利なサービスです。オンライン診療後は、お薬をご指定の場所にお届けさせて頂きます。

望まない妊娠を防ぐ代表的な避妊具はコンドームですが、装着していても行為中に破れてしまったり、破損しているコンドームを装着していたりといったことが原因となり、妊娠してしまうケースが考えられます。そのような性交後に服用することで、妊娠のリスクを大幅に減らせる薬がアフターピルです。

中絶は女性の体だけでなく、心にも大きな悪影響を与えます。そのような事態を防ぐためにも、アフターピルに対する知識を深めておくことが大切です。

今回は、アフターピルを服用するタイミングについてご紹介します。

性交後、服用が早ければ早いほど効果は期待できる

避妊の確率を高めるためには、性交後72時間以内にアフターピルを服用することが推奨されています。服用が早いほど避妊の確率が高まるため、避妊の失敗に気づいたのであればできるだけ早く服用することが大切です。

アフターピルには主に、LNG法とヤッペ法のふたつの種類があります。LNG法を使用するレボノルゲストレルは日本で認可されているアフターピルであり、ノルレボ錠という名前で販売されています。ノルレボ錠は性交後72時間以内の服用が推奨されいます。しかし臨床試験の結果120時間以内にも避妊の効果を示しています。

当院では推奨しておりませんが、ヤッぺ法についてもご説明いたします。ヤッペ法は、LNG法が日本で認可されるまで主流だったアフターピルであり、プラノバール配合錠の名前で販売されています。服用方法がLNG法とは異なり、性交後72時間以内に1回服用し、その12時間後にもう1回服用する必要があります。なお、72時間を経過していても、120時間までであれば受精を防げる可能性があるため、服用しないよりは服用したほうがよいといわれています。

アフターピルの避妊成功率は高い

避妊成功率は、LNG法とヤッペ法とで異なります。

【LNG法】
避妊成功率は、正しい服用時に98~99%です。服用後に下痢や嘔吐の症状が発現すると、避妊成功率が下がる可能性があります。

【ヤッペ法】※当院では推奨しておりません。
避妊成功率は、正しい服用時に96~97%です。12時間後の2回目の服用を失敗すると避妊成功率が下がる可能性があるため、服用を忘れないように注意しましょう。

どちらのアフターピルも、避妊成功率は100%に近い数値を示しています。そのため、避妊を失敗したときや、避妊の成功を確信できないときには、アフターピルの服用を医療機関へ相談しましょう。

服用するタイミングの注意点

頭痛や吐き気、悪心といったアフターピルによる副作用が重篤化することもあるため、飲酒時のアフターピルの服用は避けることが大切です。また、アフターピルの効果を発揮させるために、服用後24時間は飲酒を控える必要があります。

妊娠中にアフターピルを服用すると、女性胎児に男性外性器が発現したり、男性胎児の女性化が起こったりする可能性が指摘されています。そのため、妊娠中にアフターピルを服用するのは控えるのが望ましいといえます。なお、アフターピルの成分は乳汁内にも含まれるため、子どもが離乳するまではアフターピルの服用を控える必要があります。もしもアフターピルを服用した場合には、服用から24時間経過するまでは授乳を控えることが大切です。

まとめ

性交後72時間以内にアフターピルを服用すると、着床の確率を大きく下げることができます。アフターピルにはLNG法とヤッペ法のふたつの種類があり、どちらも高い避妊成功率を示しています。ただし、いつ飲んでもよいというわけではなく、飲酒時や妊娠時、出産後6ヶ月間といったアフターピルの服用を避けるべきタイミングもあるため注意しましょう。

アフターピルの関連記事

  • ノルレボ(国内先発品)

    ノルレボ(国内先発品)

    15,000円(税込)

  • レボノルゲストレル「F」(国内後発品)

    レボノルゲストレル「F」(国内後発品)

    12,000円(税込)

  • エラ

    エラ

    18,000円(税込)

PAGE TOP