薄毛について学ぶ

FAGA(女性男性型脱毛症)とは?診断方法や治療薬について解説

公開日:最終更新日:

オンライン診療について

全国どこからでも対応しております

クリニックに来院することなくお電話にて診察、お薬の処方を行える診察方法です。
時間が合わない・忙しくて通院できない・遠くて通えない等の理由で当院への来院ができない方にはとっても便利なサービスです。オンライン診療後は、お薬をご指定の場所にお届けさせて頂きます。

FAGA(女性男性型脱毛症)の定義や診断方法、治療薬について解説します。 AGA(男性型脱毛症)という言葉と似ていますが、FAGAの症状や原因、治療方法はAGAとは異なるので注意が必要です。 間違った治療方法が原因で、思わぬ副作用に悩まされてしまうこともあるので、ぜひ正しい知識を知っておきましょう。

  • 新宿東口 女性外来院

    松沼 寛

    HIROSHI MATSUNUMA

    1998年03月
    名古屋大学医学部 卒業
    1998年04月
    岡崎市民病院 勤務
    2000年04月
    名古屋大学医学部付属病院 勤務
    2008年07月
    市立四日市病院 勤務
    2020年04月
    イースト駅前クリニック岡山院
    院長就任
    2022年05月
    イースト駅前クリニック新宿東口院
    院長就任
    資格
    泌尿器科専門医
    所属学会
    日本泌尿器科学会

FAGA(女性男性型脱毛症)とは

FAGAは「Female Androgenetic Alopecia」の略です。 もともとAGA(Androgenetic Alopecia、男性型脱毛症)という言葉があり、 その女性版という意味でFAGAと名付けられました。 原因は、かつては男性ホルモンが原因と考えられておりましたが、 現在は男性ホルモンの働きでは十分に説明できないことがわかり、 FPHL(Female Pattern Hair Loss =女性型脱毛症)とも呼ばれています。

(※1)

FAGAの症状

FAGAは頭頂部を中心に広い範囲で均等に毛の密度が下がるのが特徴です。 全体の髪が薄くなるような「びまん性脱毛症」の症状が多いです。 これらは髪が細くなる髪のボリュームがなくなるといった症状が多く見られます。

(※2)

FAGAとAGAの主な違い

FAGAとAGAではその「症状」「原因」「治療方法」が異なります。

・症状

AGAでは頭頂部や前頭部といった一部分の抜け毛が顕著に現れます。 それに対しFAGAでは、より広範囲にわたって抜け毛が生じることで、 頭皮全体の毛髪密度が低下します。 男性のAGAのように、髪の生え際が後退するといった症状がでることは少ないです。

・原因

AGAが主に男性ホルモンの働きが原因であるのに対し、 FAGAは必ずしも男性ホルモンが原因とは限りません。 かつては男性ホルモンが原因とする説が有力視されておりましたが、現在では男性ホルモンの影響だけではなく、 遺伝的素因、環境的要因、さらに他のまだ解明されていない要因の組み合わせであると考えられています。

・治療方法

AGAではミノキシジルの外用が一般的ですが、 FAGAではミノキシジルの外用だけではなく、 低用量ピル等でのホルモンバランスを整える治療や、 パントガールのようなサプリメントに近い内服薬での治療もあります。

(※1、2、3)

FAGAのセルフ診断

A

B

上記Aの項目1つでも当てはまる場合は、 FAGAの可能性があります。 また上記Bの項目1つ以上当てはまると、将来的にFAGAになる可能性があります。 またBの項目に該当するものが多ければ多いほど、FAGAになるリスクは高まります。

(※4、5)

FAGAを改善させるには

FAGAを根本から改善するためには、専門クリニックでの治療が必要です。 FAGAの原因や症状は個人の体質によって異なるので、一人ひとりにあった適切な治療が欠かせません。 自己判断で体に合わない対処法を続けてしまうと、症状が悪化してしまい、 治療により時間がかかってしまうこともあるので注意しましょう。

FAGAの改善策でとくに注意したいのは、男性用育毛剤の使用です。 女性と男性とでは薄毛・抜け毛の原因は異なるため、女性における有効性や安全性が確認されていないことの方が多いです。 妊娠や出産に悪影響を及ぼすこともあるため、使用は止めましょう。

(※2)

FAGAで使用される治療薬

FAGAの治療には、ミノキシジルの外用パントガールの内服があります。 以下で確認し、自身に合った治療を心掛けましょう。

ミノキシジル(外用薬)

FAGAの治療で最もよく用いられるのがミノキシジルの外用です。 ミノキシジルは頭皮の血流を改善することで 発毛効果をもたらし、脱毛も予防します。 使用方法は簡単で、薄毛が気になる部分にミノキシジルを直接塗り込みます。 推奨されているのは、1日2回、1回あたり1ml(0.01g)を目安とした使用です。 塗りムラによる発毛のばらつきを防ぐため、薄毛が気になる部位を中心に広く塗りましょう。 また、二度目の添付は、塗布後8時間以上空けるのが好ましいです。

頭皮のかゆみ・ふけ・発赤・ほてり・気分不良などの副作用が現れる場合もありますが、 他の薬剤と比べると比較的、副作用は軽く、頻度も低いと考えられています。 また治療効果も高いため、FAGAの治療ではミノキシジルの外用が多く処方されます。

(※2、6、7)

パントガール(内服薬)

パントガール(Pantogar)は、FAGA治療の内服薬として開発された女性専用育毛剤です。 アミノ酸やたんぱく質、ビタミンB群などが中心に含まれており、 発毛だけではなく、 髪質を改善し、白髪予防にも効果が期待できます。 サプリメントに近い感覚で服用でき、副作用も少ないのが特徴です。 毎食後、1日3回、1回1錠を目安に服用してください。

個人差はありますが、効果がでるまでには3カ月以上かかるとされており、 さらに効果を持続するには6カ月~1年は必要といわれております。 効果を感じられるまで時間がかかりますが、副作用が少なく、 深刻な副作用の心配がないので、比較的、安全性の高い治療薬といえます。

(※2)

FAGAに最適な治療は専門クリニックで

FAGAはAGAとは異なり、女性特有の症状、原因、治療方法があります。 間違った方法で解決しようとすると、効果がないばかりか、悪化させてしまうので注意しましょう。 とくに妊娠や出産に悪影響を及ぼすリスクがあるため、男性用育毛剤を用いるのは危険です。

よりよい治療を受けるためにも、ご自身で解決しようとするのではなく、専門クリニックで相談するのがおすすめです。 FAGAの原因はさまざまで、その程度も個人の体質によって異なります。 ご自身に最適な治療を受けるためにも専門クリニックでの治療をしましょう。

参考URL

※1)株式会社資生堂リサーチセンター/徳島大学医学部 皮膚科/徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部 皮膚科学「女性の薄毛とアデノシンによる改善効果」
https://www.jstage.jst.go.jp/article/sccj/45/1/45_35/_pdf/-char/ja
※2)徳島県医師会「女性のびまん性脱毛症 -発毛・育毛剤外用で効果-」
https://www.tokushima.med.or.jp/article/0000393.html
※3)トロント大学皮膚科/杏林大学医学部皮膚科学教室「全身と毛髪・多臓器疾患』
https://www.jstage.jst.go.jp/article/kyorinmed/49/2/49_163/_pdf/-char/ja
※4)大正製薬「美しい髪のための生活習慣」
https://brand.taisho.co.jp/regenne/contents/health.html
※5)江東区医師会「髪と頭皮の健康を守ろう!」
https://koto-med.or.jp/healthtopics/2215.html
※6)日本皮膚科学会「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版」
https://www.jstage.jst.go.jp/article/dermatol/127/13/127_2763/_pdf/
※7) 大正製薬、「1.ミノキシジルとは」
https://brand.taisho.co.jp/contents/riup/detail_201.html

  • 新宿東口 女性外来院

    松沼 寛

    HIROSHI MATSUNUMA

    1998年03月
    名古屋大学医学部 卒業
    1998年04月
    岡崎市民病院 勤務
    2000年04月
    名古屋大学医学部付属病院 勤務
    2008年07月
    市立四日市病院 勤務
    2020年04月
    イースト駅前クリニック岡山院
    院長就任
    2022年05月
    イースト駅前クリニック新宿東口院
    院長就任
    資格
    泌尿器科専門医
    所属学会
    日本泌尿器科学会

薄毛の関連記事

PAGE TOP